Hub Traffic(ハブトラフィック)でカウントされない!?埋め込みにする?リンクにする?

いつもありがとうございます。僕です。
Hub Traffic(ハブトラフィック)で単価が激減しましたが、依然と収入の要になっているような気がします。
以前がぶっ壊れ単価だったような気もします。

早速ですが、Hub Traffic(ハブトラフィック)を利用するにあたり、埋め込み動画を推奨していたり、テキストリンクを推奨していたりと、色々な情報が出回っています。
もちろん、何が正しいわけでもなく、何が間違いでもないんですけどね。

ここからは、僕のあくまでも独自の見解であって、それを推奨するものでもありません。
それを踏まえてお読みくださいませ。

まず、Hub Traffic(ハブトラフィック)のカウントについてですが、特殊なおかしなことをしない限り、正常にカウントがされます
この特殊なおかしな事とは、色々とありますが、代表的なものが下記になります。

埋め込みで利用される下記のタグ
<iframe src=”https://jp.pornhub.com/embed/動画ID” frameborder=”0″ width=”560″ height=”315″ scrolling=”no” allowfullscreen></iframe>
上記のコードの「https://jp.pornhub.com/embed/動画ID」この部分。
これは埋め込み時に利用されるURLの形式であり、テキストリンクで送るべき動画のページURLではありません。

ですので上記のURLをテキストリンクにした所で、報酬は恐らく発生しないと思われます。
試してないので何とも言えませんがあくまでも、恐らくっていうレベルです。
ですので埋め込み時には上記URLを使うのは普通であって、テキストリンクで飛ばす際には、間違ったURLになります。

それではテキストリンクでアクセスを送る際には、どのURL形式が正しいのか。
https://jp.pornhub.com/view_video.php?viewkey=動画ID
この形式が正しい動画URLになります。
見比べるとわかるのですが、URLの形式が異なるのがわかります。
動画ページのURLと埋め込み動画で利用するURLは同じ動画であっても、使用する際には別物であるという事になります。

つまり、Hub Trafficはアクセスを送ればカウントをしてくれるので、正しい形式のURLで正しくユーザーを送りましょうって事です。
正しくないURLの形式で送ってカウントがされるはずがありません。
ですので、カウントがされない場合はイレギュラーな事をしている時なので、しっかりと確認をしてみましょう。

はい。そんなわけで埋め込み動画でなくてもテキストリンクで問題なくHub Trafficではカウントをしてくれるんです。

埋め込み動画は大変リスクが大きいんです。どんなリスクがあるのかって言うと、もう口が酸っぱくなるくらいに言います。

  • モザイクのあるエロ動画を埋め込んだとしても、動画は削除されると、関連動画などの無修正画像のサムネイルを表示します。
  • モザイクのあるエロ動画を埋め込んだとしても、無修正画像の広告が上に被さる事もあります。

自分の運営をするサイト上で無修正コンテンツを表示してしまうと違法行為になりますので注意して下さい。
ちなみに、僕は生活安全課で以前お世話になってるので、わかった事です。はははw
そんな僕から言わすと、埋め込まなくても、テキストリンクでも、アダルトサイトの運営は出来るんだから、あえてリスクは背負うなと言いたいです。

埋め込み動画からテキストリンク形式のアダルトサイトに移行する際、これから更新するものに関しては対応できますが、過去の記事に関してはどうすれば良いのか。
FC2ブログ、ライブドアブログ、wordpressなどなど様々ですが、移行するには運営方法によって様々です。
wordpress意外のブログについては、エクスポート機能とインポート機能を用いて、編集する事が可能だったと思いますので、検索してみて下さい。

wordpressの場合も、このインポートとエクスポート機能を利用する事になります。
意外とあっけなく編集することが可能ですので是非移行しちゃってください。
これについては、次回の記事でまとめていきます。

それでは最後になりましたが、埋め込み動画じゃなくてもカウントされますので、テキストリンクで安全にエロ動画まとめサイトを安心して運営をして下さい。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です